ネットビジネスが自動販売機に似ている理由とは

ネットビジネスは、たまに自動販売機で説明される事があります。実際そのビジネスは、自動販売機とよく似ている一面があるのです。最初はパーツから作っていき、いずれは利益を生み出してくれる機械を作るイメージです。

自動販売機でお金を稼ぐ仕組み

もちろん自動販売機では、お金を稼ぐことができます。自分が設置した販売機で誰かがジュースを買ってくれれば、お金を受け取れるでしょう。売り上げが好調なら、安定的に利益を生み出してもらう事も可能です。
ただ何もない場所に自動販売機を作る為には、もちろん相応の作業が必要です。まずは自動販売機という機械を作らなければなりません。色々なパーツを組み合わせて、その優秀なマシンを組み立てていきます。
ようやく物を販売できる状態になったら、通電してジュースを販売してもらう形になります。その後は自動販売機のメンテナンスなどを行いつつ、お金を稼いでいく訳です。

アフィリエイトは自動販売機に似ている

大部分のネットビジネスは、上記の自動販売機のようなイメージになります。例えばアフィリエイトというビジネスの場合は、まずはホームページの立ち上げや商品選びをする必要があります。ホームページに掲載する商品も決めなければなりませんし、もちろんサイトの見栄えも整えていきます。さながら自動販売機を組み立てるように、ホームページも組み立てる訳です。
ホームページでの売り上げが好調になるよう、色々データも分析する必要があります。自動販売機も場所が大切ですから、リサーチが行われる事もあります。
そしてコンテンツが完成したら、ホームページに宣伝してもらう訳です。そして誰かがクリックしてくれた時などは、売上が発生します。自動販売機で商品が購入されるのとほぼ同じです。

せどりも自動販売機と似ている

何もアフィリエイトだけではありません。せどりというネットビジネスにしても、ある意味自動販売機に似ている一面があります。
自動販売機の組み立てとリサーチをするように、せどりも価格リサーチなどを行い、商品を仕入れていくのです。そして商品を販売する訳ですが、ある程度はせどりで稼げるようになれば、第三者に代行を依頼する事もあります。仕入れと出品の両方を代行できるようになれば、ほぼ自動販売機と同じ状態になるのです。せどりは、完全自動化も可能なのです。
以上のような点を踏まえると、確かに自動販売機とネットビジネスは似ています。WEBという空間で、自動販売機で稼ぐ仕組みを作り上げていくようなイメージです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*